So-net無料ブログ作成

ショック!折れた - ニセアカシア・フリーシア [├日々の庭]

ニセアカシア・フリーシアである。以前から流通していたようだが、この葉の色が紅葉(じゃなくて黄葉か)みたいだということで人気がなかったらしい。が、ガーデニングブームで脚光を浴びた。この黄緑色の葉に惹かれたのはいつのことだっただろうか?

落葉樹は、冬の間とても心配する。春になって、芽が出ると、やった!大丈夫だった、と喜ぶ。このニセアカシア・フリーシアも、新芽も出てきて、喜んでいたところだった・・・

(写真は、去年のもの)

喜びもつかの間、今日気がつくと折れていた。切り口には、小さなウロがある。すでに弱っていたところに、ここのところの強風で折れてしまったのだろう。

思えば、冬の剪定のとき、ちょっと元気がない枝だと思っていた。下から、もっと元気な枝がにょきっと立ち上がっていた。どの枝を切ればいいのか悩んだ。けれど、この樹は樹形が乱れやすい。下枝を刈りたかった。元気な枝を切り、伸びていた古い枝を残した。

あれを残しておけば良かった。あるいは剪定せずに、もう一年様子を見ればよかった。だけど、後悔しても遅い。できることは、この経験を活かすようにすることだけだ。

残った枝は、テキトウに切って、土に挿してみた。挿し木なんて、ちゃんとやったことはないし、準備もしてないから、どのくらいの長さに、どこを切ればいいのかもよくわからない。挿し木なんてものじゃない。ただのままごとだ。もしうまくいったら、超ラッキーというところか。

一縷の望みがあるとしたら、こんなものではなく、残った株のほうだろう。去年の様子から考えて根は張っている・・・はずだ。まだ春。もしかしたら、新たな芽が出るかもしれない。もし出たら・・・ラッキーだな・・・

大きなショックと、少しの経験と、わずかの期待を胸に・・・もう寝ちゃおうかな・・・


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

せり

樹木まで手を出していないので、わからないですが、難しそうです。ニセアカシア・フリーシアは、例の宝塚では、アーチ仕立てに(池の前のトンネルがそうです)誘引していました。細くて若い苗木のうちにするといいそうで、出てくる枝はその度誘引するんだそうです。毎年やり直す手間はあるようですが。ニセアカシアって成長が早い分短命なんですよね。赤ちゃんが無事育ちますように!
by せり (2006-04-21 22:30) 

いむら@fintopo

一晩寝て、少し落ち着いた。気を取り直してがんばろう。今日はいい天気だ。

件のアーチは、例の番組で剪定、誘引をしてました。そういえばニセアカシアって言ってたっけ。低木類をつる性植物のように壁に這わせるやり方で、「おお、そんなこともできるのか」と新鮮でした。どこかで使いたい方法です。
by いむら@fintopo (2006-04-22 07:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る