So-net無料ブログ作成
検索選択

Instagram

日々の庭は、インスタグラムでやってます。
@fintopo(Instagram)

第8回 国際バラとガーデニングショウ [★ガーデニング・イベント]

第8回 国際バラとガーデニングショウに行って来た。室内イベントにはあまり期待していないし、人ごみは嫌いだが、国内では最上級と思われるガーデニングイベントとして、以前から一度は行ってみたいと思っていた。

入り口の観客席から見下ろす会場は、思ったよりも小さく感じた。だけど、下りてみると、見どころ情報などで予習をしていったにもかかわらず、何がどうなっているのかよくわからない。雨も上がり天気がよくなってきて蒸し暑い。慣れない人ごみと、匂いには鈍感な私にもわかるほどのバラの芳香の中、汗だくになってふらふらすることになった。

バラにはそれほど興味はないので、目的はシンボルガーデンやコンテストのガーデン。どれもこれも隙がないというか、完成度の高さはさすがという感じ。とはいえ、有名どころは雑誌やらテレビやらで紹介されるだろうから、そういうのに載らなさそうで気になった庭をいくつか紹介。

これは、入り口付近にあった庭。一言、「渋い」。


和風っぽい庭で思ったのだけど、色がいろいろ使われていてカラフルな印象がある。使われているアイテムや植物は和風なんだけど、今までの和風の庭とは違う感じがする。イングリッシュガーデンのブームで取り入れられた「色」が、日本の庭になじんできた、というところだろうか。おりしもシンボルガーデンのテーマは「ガートルード・ジーキル」。「色彩の魔術師」と呼ばれ、庭にカラースキームを取り入れたガーデンデザイナー、というのが奇遇に感じる。

こういうアイテムで一杯の庭は、最初のころにはあこがれた。だけど、最近はごちゃごちゃしている感じがして、そのまま造ろうとは思わない。とはいえ、部分的に面白いアイデアはあり、取り入れたいとは思う。

他にも紹介したいと思う庭もあるのだけれど、写真がうまく撮れていない。全体をとりたいと思っても、人が前に入り込んできて撮れないため。もうちょっと離れて見ようよ、と思う。

おまけ

私はわりと晴れ男で、出かけるときに雨に降られてダメだったということは少ない。だけど、富士山に対しては不遇である。晴れ男というよりは、雨に降られない男というべきか。たいていは雲がかかっていて、ちゃんと見れる機会は少ない。

今回も、行きは雨で、案の定ダメだった。が、中央道を使い北周りのルートを使った帰り、道の駅「朝霧高原」で休んでいたところ、雲がなくなってきた。ラッキー!


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 3

せり

一度行ってみたいなぁと思いつつ、まったりとしたNHKの中継を見ていました。そんなよくわからない映像を流すのだったら、庭を映して下さいって感じでした。カラーリーフと低木達で植栽されていると渋いなと思います。ここにポイントとして、花を使うといいのですが、あ〜道のりは長い。庭の写真を撮るのは難しいですね。また宝塚に行って、挑戦したいです。富士山、やっぱり綺麗ですね。
by せり (2006-05-23 08:02) 

チョコまる

私も行ってきましたが、すごい人ごみでしたね。
お庭の配置は分かりづらくて、方向音痴な私は同じところをぐるぐる…
もうすこし販売ブースを縮小してお庭を回りやすく配置して欲しいなぁと思いました。
by チョコまる (2006-05-23 17:47) 

いむら@fintopo

>NHKの中継
「庭を映して下さい」って、私も思います。今回は、行って来たばかりだったので、余裕を持って見られましたが。
でも、いろいろな番組を見て、自分でも写真を撮ってみて思うのは、庭を撮るのって難しいな、ということですね。プロなんだから、もうちっとがんばってくれ、とか思ったりもしますが。;-P

>庭の配置
配置は確かにわかりにくい感じですね。なんでかなぁ?
by いむら@fintopo (2006-05-23 19:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。