So-net無料ブログ作成
検索選択

Instagram

日々の庭は、インスタグラムでやってます。
@fintopo(Instagram)

バックヤードのリフォーム - 一年の締めに池とレンガ積み [├私の庭]

一年が終わりますね。
皆さんは、どんな一年だったのでしょうか。
私は、挫折あり、希望あり・・・それなりに激動、それなりに普通、かな?

庭の方は、リフォームの年でした。 → リフォーム

本格的に作業が始まったのは秋からだけど、春くらいからアイデアは練ってたし。
まぁ、ウッドデッキを壊すところからリフォームと考えるなら、もうずっとリフォームしてる気もするんですけどね。

で、一年の最後に、大物の作業をしました。
レンガで囲った池です。

DSC08868
その他の写真

これには、いくつかのあこがれが詰まってるんですよね。

レンガ積みをやりたかったこと。
ドライエリアみたいな空間。
池に日当たり。
・・・

日当たりに関しては、もうこのリフォームの一番の課題なんだけど、ここは庭の中ではかなり日当たりのいい場所になります (→ バックヤードのリフォーム - 枕木の敷き直し:システムエンジニアの庭づくり:So-netブログ)。

そこにレンガを積んで(つまり、日陰ができる)、ドライエリアみたいな空間(つまり、植物を植えない)を作るなんて、ちょっと惜しいかなぁ、と思わないでもないんですが。

完璧な場所という自信がないことから、レンガをちゃんと積むというのも、抵抗感が出てきます。
固定しちゃうと、そうそう作り直せないからね。

でも、作業量とか全体の位置関係とか、総合的に考えるとベターかなぁ・・・と納得させています。^^;;;

それになにより、レンガ積みはちゃんとやってみたかったんですよね。

最初の頃にモルタルを使ったときには、かなり適当でした。
それでも、花壇程度は何とかなったんだけど、少し高く積んだのは、すぐに壊れちゃいました。

反省した結果、モルタルの量が少なかった、という結論になりました。
うん、ケチっちゃいけないね。
そこで、今回は、たっぷりと量を用意しました。

下地は、ちゃんと水平の場所を作るのは難しいので、コンクリートブロックで代用して、
レンガも仮置きして、これでいいか毎日見て検討して、
長さを測って、必要なモルタルも入手して、
一緒に作業をしてくれるように妹にも頼んで、
準備万端で始めたんですが・・・

いやぁ、やっぱり初めてやる作業ってのは、難しいね。

妹が手伝ってくれて、モルタルを練ってくれました。
で、練ったモルタルで私がレンガを積んでいきます。
作業を分担すると楽だよね。
これを1人でやると、道具の関係で、モルタルを練れる量に限りがあるから、少し練っては、少し積んで・・・一日じゃできなかったね。

なんて、調子よくやってたんですが・・・

気がついたら、縦目地を入れるのを忘れていました。^o^
もう動かすのがムズカシそうだったので、途中(3段目くらい?)から縦目地を入れたんですが、当然、長さが変わります。
既に仮置きの段階から、縦目地のことを忘れてたんですね。^^;;

さらに終盤になって、レンガを水に浸しておくのを忘れたことに気が付きます。
なんか、モルタルが固まるのが早いような気がしてたんですが、あぁ、このせいだったか・・・
もう、どうにもならないので、あとで水をかけましたが。

う~む。強度は足りてるんだろうか。
何かをぶつけたりしなきゃ大丈夫かな?
作業中は、わりと動きが大雑把なんで、あんまり自信がないけど・・・

日当たりの問題は、植え込みをして、一年様子を見て、になりますかね。
こういうのは冬に作ることが多いんだけど、春~夏とは日当たりが違うから、どうしても細かいところがわからないんですよね。
分かっているようで分かってないのが我が庭の日当たりだったりします。

そんな感じで、いまいち締まらない出来なんですが、まぁ、完成しました。\(-o-)/
とりあえずの出来上がりには、満足しています。
おお、なんか、どこかでみたサンプルガーデンみたいだ!?グレードアップしたぞ!

それでは、良いお年を。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。