So-net無料ブログ作成
└作業記録 ブログトップ
前の10件 | -

ウッドデッキの作り直し [└作業記録]

家を建てた時に一緒に作ってもらったウッドデッキは、10年を待たずして朽ちてきて、去年の春に、ようやっと撤去した。

連休の前半は、懸案だったウッドデッキの撤去をしました。11年間お疲れ様でした。

その後どうするベー、というのが新たな懸案だった。

やっぱ、デッキは欲しい。
家から出やすいしね。

でも、また2x4で作っても、すぐに朽ちてしまう。
もう少し耐久性のある材料がいい。

それに、時間やら費用やらの問題もある。
あんまりお金をかけずに、簡単に作れて、丈夫なやつ・・・

R0130459.JPG

というわけで、三ツ穴の基礎ブロックを土台にして、上に枕木を並べることにした。

並べるだけだから、お手軽。
といっても重量があるから、一人で作業するのはなかなか辛かったけど。
少しずつ作業して、ようやっと完成!

まぁ、まだちゃんと固定してないけど。
基礎ブロックと枕木の重量だけで、そこそこ安定しているし、時間が経てば、落ち着いてくるでしょう。


家側に空いたスペースができたんだけど、ここは花壇にしようと思っている。

樹木が育ってきて、日向の花壇が少なくなってきて、日向向きの植物の育ちが悪くなってきているんだよね。
ここは日当たりはいいから、期待している。

まぁ、花壇にするには、まだ以前のウッドデッキの残骸があるので、もうひと頑張りだな。
春までには処分したいけどなぁ。

連休の前半は、懸案だったウッドデッキの撤去をしました。11年間お疲れ様でした。 [└作業記録]

連休で、母と妹に手伝いに来てもらって、ようやっと懸案のウッドデッキの撤去ができた。

私が家を建てた10年ほど前は、ウッドデッキが流行りだった。新築の家では、ちょくちょくデッキを見かけたものだった。最近は、あまり見かけないけど。

私も、庭を作るならデッキは欲しいと思っていた。実家のは自分たちで作ったので、自作できないわけじゃない。でも、家ができるのは5月。それからはぐんぐん暑くなる。とても、作業なんてできないと思ったので、家と一緒に頼んだ。

新築時のウッドデッキ 新築時のウッドデッキ


まぁ、正解だったと思う。庭はすぐにできない。バックヤードはすぐに草ぼうぼうになるし、ぬかるみはできるし。ウッドデッキが無ければ、庭作業もやりにくかっただろうし、バーベキューもできなかっただろう。

手入れはあまりしなかった。数年前から、あちこちガタが出てきて、しばらく前からは床板が折れたりとか、かなり危ない状態になっていた。

ペンキを塗り直せば持ちが違うというけど、けっこう大変だし、やったところで、どれほど伸びただろうか、とも思う。ウッドデッキが流行らなくなったのは、このメンテナンス性に問題があったんじゃないかなぁ。

そもそも、2x4材を野外で使うというのに無理があるんじゃないかな。傷んだウッドデッキは、ネジの周りを中心に中身がスカスカになっていた。雨で溶けたのだろう。外壁や防水シートに守られる家の構造材としてはいいのだろうけど、あんなに脆くて、スカスカの材木では、こうなっても仕方がない。

ウッドデッキを撤去したメインガーデン あれ?ビフォーの写真がないなぁ。ウッドデッキ撤去後は、こんな感じ。

前ほど、大きなデッキはもういらないんだけど、家から出るところの足場は欲しいし、バーベキューをやるくらいのスペースは確保したい。どうするかは未定。とりあえずは、余っていた枕木を並べてある。


ウッドデッキを撤去したメインガーデン 庭がグッと広くなった感じ。手すりがないのがやっぱり大きい。

駐車場の雑木ゾーンは、かなりイメージが変わった。デッキがあって手入れがやりにくかったのも改善される。足場をどうするかは決めてないけど、今までのウッドデッキより小さくなるから、その分、花壇も増やせそう。このあたりをどうしていくかも、楽しみなところ。


ウッドデッキの廃材利用 廃材がたくさん出たんだけど、マシなものはネジを取って、とりあえず通路に敷いた。

下地をちゃんと作ってあるわけじゃないので、少々ガタつく。裏面の綺麗な方を表にしたので、色も目立つ。けど、しばらく置いておけば馴染むだろう。雑草防止になるし、あとは自然とチップ化する。


ウッドデッキの廃材 それでもまだ、これだけ残っている。さて、どうするかな。


なにはともあれ、11年間、お疲れ様でした。

レモンユーカリが、また大きくなってきた。 [└作業記録]

レモンユーカリ レモンユーカリが、また大きくなってきた。

駐車場のあたりは常緑樹が少なくて冬は寂しくなるから、切っても出てくる丈夫さはありがたい。でも、ほっとくとかなり大きくなりすぎるので、数年に一回くらいで根本から剪定している。

今までの記事 → レモンユーカリ

今年あたりが適期だけど、もう少し暖かくなってからだな。作業リストに入れておこう。


今日は、バラとシャクヤクの剪定と寒肥をしました。

やりたい作業


パンパスグラスのコピシング
アイビーの刈り込み
ウッドデッキの撤去
コニファーの撤去
スイレンの植え替え
レモンユーカリの剪定

終わった作業


バラの剪定と寒肥
シャクヤクの寒肥
ジャカランダの剪定

水仙の花水仙の花ジョウビタキ

ジャカランダの剪定 [└作業記録]

BeforeAfter
ジャカランダの剪定(Before)ジャカランダの剪定(After)


今日は天気もいいし、風もないし、絶好の作業日和。
というわけで、ジャカランダの剪定をしました。

青い花が有名なんだけど、なかなか咲かないジャカランダ。それでも、夏には涼やかな木陰が綺麗なんですよね。

ところが、去年は、気候のせいか、新芽が出るのが遅く、一番太い幹からは、ほとんど芽が出ませんでした。
ダメかなぁ、と思っていたところ、気がついたら、下の方から新しい枝が何本も出てて、一安心。

さて、一安心はいいんだけど、このままとはいかないので、太い幹を切り戻して、新しい枝を何本か残してみました。
こんなところで今年は見守ろうかと思います。

やりたい作業


パンパスグラスのコピシング
バラの剪定と寒肥
シャクヤクの寒肥
アイビーの刈り込み
ウッドデッキの撤去
コニファーの撤去
スイレンの植え替え

終わった作業


ジャカランダの剪定

ボタンの花ボタンの花ボタンの花

立春も過ぎましたので、そろそろ冬作業を始めましょうか。 [└作業記録]

冬の庭 立春ですよ。春ですよ!

初春なんて冬だ、とまあ世間的にはそうなんでしょうが、ガーデナー的には、やっぱり春ですよ。地域にもよりますが、ここいらでは活動開始の時期ですから。

何をやるかというと、いわゆる冬作業。


冬作業っていうんだけど、極寒期は避けろ、って物の本には書いてある。ここいらでは、極寒期と言っても知れてるんですが、それでもやっぱり寒くて12月~1月は、あまり外に出たくない。そうなると、やっぱり立春が過ぎた頃かなぁ、と。春に向かって、暖かくなり始めて、生長が始まるこの時期にやるべきこともあるし。

さて、今年の作業予定は次の通り。

ジャカランダの剪定
パンパスグラスのコピシング
バラの剪定と寒肥
シャクヤクの寒肥
アイビーの刈り込み
ウッドデッキの撤去

大きい作業はこのくらいかなぁ?
厄介なのは、パンパスグラスとウッドデッキか。
詳しいことはおいおいと。

アジサイの剪定とバックヤードの様子。 [└作業記録]

先日、梅雨も明けたし、アジサイでも剪定するか。と作業中、手がチクリ。見ると蜂。慌てて振り払って、家の中に駆け込んで、水で洗い流すも、しっかりと腫れました。今は、腫れも治まってきましたが、少しかゆい。

バックヤード(アジサイ剪定後) 今日は、気を取り直して、アジサイの剪定のやり直し。巣でもあるのかなと思ったけど、なさそう。でも、びびってるので、少しいい加減。まぁ、アジサイも大きくなってきて、剪定しても、あまり小さくならないんだけど。写真は、剪定後。

バックヤード アジサイの横には、アガパンサスが植えてあります。なかなか大きくならないんだけど、枯れもせず、ようやっと今年は花芽を二つ伸ばしてきました。

家を建てたときには、この場所には何もなくて日当たりが良かったので、いいだろうと植えたアガパンサス。だけど、その後、どこから来たのかセンダンの木が大きくなってきて、気がつけば、お昼ごろに少しだけ日が当たるだけの半日陰ゾーン。やっぱ、日当たりが悪いよね。

パイナップりリリー こちらも、以前はアジサイの横に植えてあったパイナップルリリー。2年ほど前に日当たりのいい場所に移動したので、今年は葉っぱも元気で、花芽も上がってきました。




藤棚とフジの剪定 [└作業記録]

暖かくなってきましたねぇ。

というわけで、懸案の作業をやりました。
BeforeAfter
藤棚 Before藤棚 After

藤棚(フジタワー?)が、斜めになってたので、直しました。ついでに、フジの剪定もしました。

最初に作った時に、埋め方が浅かったのか、フジに押されて倒れてきちゃってました。で、少し深めに埋めなおしてみました。

下には、もう、いろいろと植わってるんで、作業も大変です。こういうのは、最初にきっちりとやった方がいい・・・のは分かっててもなかなかできません。大きめの石が埋まってて・・・あぁ、そうか、前はこれで諦めたんだな。今回もここで諦めると意味が無いので、ちょっと苦労して掘り出しました。

さて、これでも倒れてくるようなら・・・また、来年、直すか。

ミモザメインガーデン
チューリップの芽が出てきましたスノードロップ


バックヤード(の川向こう)に生えているミモザが黄色くなってきています。
チューリップの芽も出てきました。
いよいよガーデニングも本番の季節です。

花が咲いたら、部屋にも飾ってみたいですね。シンプルな筒型なんてどうでしょう?



ウッドデッキの手すりの除去 [└作業記録]

立春になったとたん、なんだか過ごしやすくなりましたね。
1月は、なんだか寒くて、ガーデニングどころじゃなかったけれど、そろそろ作業をしとかないといけません。
バラや落葉樹の剪定や植え替えをぼちぼちと始めました。

暖かくなる前にやっておきたい作業がいくつかあるんですが、今日は、その一つを片付けました。
ウッドデッキの手すりの除去です。

BeforeAfter
手すりの除去 Before 手すりの除去 After

前から、手すりが邪魔だなぁ、と思っていたんです。

家ができたばかりの時は、庭も殺風景だったので、デッキの手すりはアクセントにもなって、それなりにいいと思っていたんですが、時が経ち、庭ができてくるにつれて、いらないかなぁ、と思うようになってきました。でも、自分で作ったんじゃないので、どうやったら外れるのか?

ところが、悩んでいるうちに、なんだかグラグラしてきちゃいました。ウッドデッキは、ペンキの塗り直しとかやってないので、もうあちこちボロボロです。それが、ついに手すりにやってきたのです。一部切断して持ち上げたら、ごっそりと外れてしまいました。

う~ん!!すっきり!!!

BeforeAfter
手すりの除去 Before 手すりの除去 After

一番気になってたのは、家の中から見た時なんですね。手すりが邪魔で、メインガーデンが良く見えませんでした。でも、これで停滞中だったメインガーデンも、少し進むかな?

ビールに焼酎、ココアなんかもいいかも。マイカップにおひとつどうぞ。




エアコンの室外機を隠す - 市販の室外機隠しも、少し野暮ったいので・・・ [└作業記録]

我が家のバックヤードには、エアコンの室外機がある。まぁ、今じゃ、どこの家にもあるだろうけど。で、ガーデニングの大敵のひとつになっている・・・と思う。何もしないと目立つんだよね、あれ。

ホームセンターなんかに行くと、室外機隠しが売っている。ガーデニングを始めた頃は、そういうので隠している庭は、ポイントが高かった。だけど、最近は、あれで隠してさえ、目立つんだよね。写真を見ても、「あぁ、あそこに室外機があるんだ」みたいな。そりゃ、ぱっと目には目立たなくなってるけど、でも、なんか、ちょっと野暮ったい、と思うようになってしまったのだ。

で、我が庭。バックヤードということもあって、今までは、片目をつぶってた。気になるといえば、気になるけど、それより前にやらないといけないことがたっぷりとあったから。

でも、バックヤードの奥までひととおり手が入って、眺めている時間が増えてくると、さすがに気になるようになってきた。そろそろなんとかするべき時が来たということだ。でも、市販の室外機隠しは、使いたくなくなっていた。さて、どうするか?

Before After
室外機隠し Before 室外機隠し After

市販の室外機隠しが野暮ったいのは、あの形と大きさのせいじゃないかと思う。だから、あれをすっぽりと覆うだけでは駄目で、形が変わるように隠すのがいいと思った。

というわけで、イレクターで作った台の上に枕木を置いて、テーブルにしてみた。どうだろう?まだ目立つけど、もう少し手をいれれば・・・

室外機より、イレクターで作った台の方が目立ってるかも。これは、ガーデニングにはまった頃にベランダに合わせて作ったものだから、当然、サイズがあっていない。まぁ、そのうちなんとかしよう。枕木も、もう一枚あった方がいいかもしれない。

まぁ、なにより置き台ができて、そっちの方が嬉しかったり。^_^;;

雑木ゾーンのフジ 庭のフジも咲いている。フジタワーに作り直したときに、かなり剪定しちゃったのに、それでもこれだけ咲いてくれた。

下のほうの白い花は、去年植えたバラ(アイスバーグ)。もう咲いてるんだけど、いいんかな?


フジアイスバーグ

blogram投票ボタン ← ランキング参加中です。よろしければ、クリックをお願いします。

エアコンの室外機カバー フラット ナチュラル 幅85×奥行35×高さ76.5cm 4,980円 (税込)


樹木の剪定 - 株立編 [└作業記録]

庭づくりを始めて、一番最初に植えたのがアオダモとエゴノキ、あとヤマボウシ。雑木林風にしたくて、でも本数は植えられないから、株立を選んだ。ヤマボウシの一代目は枯れてしまったけれど、アオダモとエゴノキは、元気に成長して、かなり大きくなった。雑木林・・・には、あんまりなってないけど。

成長したのはいいのだけど、実はちょっと樹形が気になっていた。一本だけ、妙に太くなってきたのだ。毎年、冬の剪定で悩むんだけれど、どうしたらいいのかわからずにいた。このままじゃ、株立じゃなくなっちゃう!?と眺めていたら、ふと、妹が聞いてきた話を思い出した。なんでも、勢いのある枝を切ると、他の枝に栄養がいくようになって、バランスが取れるようになるんだと。

エゴノキ Before エゴノキ After
雑木ゾーン Before 雑木ゾーン After


アオダモ Before アオダモ After
アオダモ Before アオダモ After


というわけで、今年は、思い切って、目立ってバランスの悪い太い枝を切ってみた。写真では、わかりにくいかな?格好はよくなったように思う。

二年ほど前に切ったレモンユーカリ(→レモンユーカリの撤去)も、また大きくなってきたので、これも一緒に切った。おかげで、少々寂しくなった。まぁ、葉が出てくるまでのことだけれど。

さて、この決断の結果は如何に!?

メインガーデン入り口駐車場花壇

庭の春の彩りも増しております。

blogram投票ボタン ← ランキング参加中です。よろしければ、クリックをお願いします。


前の10件 | - └作業記録 ブログトップ
メッセージを送る