So-net無料ブログ作成
検索選択

Instagram

日々の庭は、インスタグラムでやってます。
@fintopo(Instagram)

│├庭の植物 ブログトップ
前の10件 | -

ジンジャーの花が咲いた [│├庭の植物]

昨日は、久しぶりに浜名湖ガーデンパークに行ってきた。写真は、まだ未整理なので、またそのうちに。
今日は、アジュガの植え替えをした。秋の植え替えは、こんなものかな。

ジンジャーの花(白)ジンジャーの花(白)

ジンジャーの花が咲いた。

あと、黄花のジンジャーもあるんだけど、今年は、いまいちだった。ピンクもあったんだけどなくなってしまった。

ジンジャー(黄花)
ジンジャー(桃花)

白花は、少し花の形が違う。形だけじゃなくて、最大の特徴は香り。甘い、良い香りがするんです。

ジンジャー 白花のジンジャーの植えてあるのは、バックヤードの隣の敷地との境のあたり。この前、メガネがなくしたのは、このあたりの草取りをしていたとき。

メガネが消えた。焦った。曼珠沙華が咲いた。

お陰で、いまはわりとすっきりしているけれど、たいていは隣からの雑草におおわれている。それでも、これだけ増えていく。丈夫なやつである。

折れたり倒れたりで、最近は、あまり花を見ることができなかった。久しぶりにかいだ白花ジンジャーの香りは、やはり甘くて、良い香りだった。

秋の花壇とダリア [│├庭の植物]

ダリア ダリアが咲いた。

浜名湖花博のとき、気に入った花の一つがダリア。結構たくさん植えたけど、残っているのはあまりない。この花を入れて、4種類くらいか。


夏ごろから園内中で綺麗に咲いていたから、夏に咲く花だと思って取り入れたんだけど、花が咲くのは秋になってから。そういえば、浜名湖花博のときにも、期間の最後の頃に鉢植えで並べて展示していた。ダリアのメインシーズンは、今頃なんだろう。

今、花の庭は初夏から梅雨の時期に焦点をあわせて作っているから、秋に咲くダリアは、ちょっとシーズン外れになってしまう。好きな花だけにちょっと残念。

ダリア 実は倒れてるんだよね。手入れが悪いから。


真夏の管理が、どうしても行き届かないので、秋の花壇はボロボロになってしまう。初夏に焦点を合わせているのは、秋は諦めて、手入れの時期と割り切るためだ。それでも、最初の頃に取り入れた秋咲きの花が、楽しませてくれる。

この時期に咲く花も、やっぱ捨てがたいよねぇ。もう少し整ってきたら、秋の庭にも、また挑戦してみようと思う。

セージとバラ
セージも咲き始めた。これも秋咲き。

ヒガンバナが咲いた [│├庭の植物]

夕べは雨がひどかったらしい。昨日、植え替えをしてよかった。

植え替えたのは、シャクヤクとギボウシ。ギボウシのひとつは、もう葉がなく、場所がわからなくなっちゃったので、来春かな。

あとはアジュガ。花壇から飛び出てきてるやつを移動させた。花壇と違って、土が硬いので簡単に掘り上げられない。移動先も、そんなに空いているわけじゃないし。いくつかは、そのままにしておくか、処分か。もったいないから、もう少し移動させたい。

ヒガンバナの花(黄色) 彼岸花が咲いた。

黄色だった。前に咲いたと報告したのは、白だったのだ。→メガネが消えた。焦った。曼珠沙華が咲いた。

記事を書いたときに、違和感はあったんだよな。黄色だと思っていたから、なんか白っぽいな、とは思った。でも、例年ひとつしか咲かないし、他に芽が出てる様子もない。これがいつものやつだろう、と思い込んでしまった。

白が枯れ始めると、その横から、芽が出てきた。それも、二本。あれ?と思って、古い写真を見直すと、色が違った。

というわけで、白い方はもう枯れちゃって、共演は見れなかったけど、順調に増えているようです。

バックヤード

パイナップルリリーの葉がでろ~ん [│├庭の植物]

R0012672.JPG 夏に綺麗な花を咲かせているときには、ピンと立って格好良かったパイナップルリリーの葉。今は、ハリがなく、でろ~ん。

夏の勇姿はこちら → アジサイの剪定とバックヤードの様子。

まぁ、涼しくなってきたし、うさぎの布団にちょうど良い?


ミズバショウ。箱根湿生花園にて 葉っぱがでろ~ん、と言えばミズバショウ。 4月上旬くらいのころには、可憐な花を咲かせているのに、夏になると葉っぱが大きくなって、春の可憐さはどこへやら。

「春は、あんなに可憐なのに、夏は、なんでこんなんなっちゃうの」とは母の言。

まぁ、植物だって、歳を取ればだらしなくなるんだろうよ。春になると若返るってのは、ちょっと羨ましいかもだけど。




キンモクセイとギンモクセイ [│├庭の植物]

今日の午後は、キンモクセイとギンモクセイの隣で過ごす。良い香り~

我が庭のキンモクセイとギンモクセイは、並べて植えてある。

ギンモクセイは、キンモクセイに比べると花つきが良くない、という話も聞くが、うちのギンモクセイは、遜色が無い。金と銀。並んで咲いているのを眺めるのは、なかなか壮観である。

キンモクセイとギンモクセイ ただ、写真にはうまく撮れないのよねぇ。

これじゃあ、よく分からないよね?


キンモクセイとギンモクセイ キンモクセイがぼけちゃった。

あ~、でも、これはこれで、わかる?


キンモクセイとギンモクセイ これで、どうだ!


というわけで、毎年挑戦するけど、なにかイマイチなのである。


ニセアカシア、それから。 [│├庭の植物]

ニセアカシア。切ってみたら・・・ やっかいなニセアカシア君は、その後も落ち着きません。やっと伸びてきたなぁ、と思っていた枝は、去年の秋からなんだかちょっと怪しかった。春まで待ってみたけど、芽は出ず。思い切って、切ってみると、アリの巣になってました。そりゃ、ダメだ。


ニセアカシア君も、生き延びるのに必死です。まわりにはいくつも新しい枝が伸びてました。若い枝は、トゲがあるので危ないです。邪魔にならないで、丈夫そうで、形が良いものを残す・・・何本かあったので株立風も考えたんですが、やっぱ単幹がいいでしょ。

なんとか一本だけを残したところ、まだ枝が細く、風にあおられしなる姿を見ると、大丈夫か?と思ってしまいます。

解決策のヒントは、この前行った花フェスタ記念公園にありました。園内のバラはすごかったんですけど、バラばかりで、あまり庭づくりの参考にはならなかったのですが、駐車場にニセアカシアがありました。幹はけっこう太いのに、背はあまり高くない。よく見ると、結構切り詰めてあるようでした。

あぁ。萌芽力があるんだから、コピシングしちゃえばいいのか。くるくるヤナギスモークツリーと一緒だ。たぶん。

ニセアカシア、剪定後 というわけで、残った枝も、半分にしてみました。ずいぶんとすっきり。

風にあおられるニセアカシア ですが、風にあおられても、大丈夫。

まだまだ安心できませんが、まずはこんなところです。

その他の記事(ニセアカシア)

ニセアカシア

ジューンベリーの実 ジューンベリーに実が付きました。いままでより、ずいぶんと大きいです。黒っぽくなったら食べごろらしいので、まだちょっと早いかな。いつも鳥に食べられちゃうけど、今年はひとつくらい食べたいな。


黄緑の葉が綺麗なニセアカシア フリーシア。でも、厄介なやつなんです。 [│├庭の植物]

そういえば、梅雨に入ったようですねぇ。しまったぁ、草取りしてないよぉ。梅雨明けは、すごいことになってしまうな。

ニセアカシア フリーシア 気を取り直して、今日は、ニセアカシア フリーシアのこと。黄金アカシアとも言うのかな。「ニセアカシア フリーシア」で検索してくる人、多いんですよね。検索する人の気持ち、少しわかります。結構、やっかない樹木なんです。

一昨年だったか、NHKで梶みゆきさんの富士山麓の庭の紹介番組があったけど、あの庭の入口のところにもニセアカシアがありました。支柱をなにかでぐるぐる巻いて固定してあって、あぁ、やっぱりなぁ、と。幹が弱いんですよね。その上、萌芽力があるから剪定すると、新たに枝が伸びてきて重くなって垂れ下がる。ほとほと厄介なやつなんです。


わが庭のニセアカシアも少し斜めになってしまっています。切ると伸びるので、去年は、そのままにしてみました。でも、今年はなんだか元気がない。と思ったら、株元から新しい枝が伸びてきてます。うひゃぁ~

どうするかは思案中。

今の枝は、斜めになってるから、新しい枝でやり直すか、とも思う。だけど、新しい枝は、刺があるんですよね。萌芽力があるから、数年ごとにコピシングという手もあるんだけれど・・・こんな庭の真ん中に植えるんじゃなかったなぁ。ほんと、厄介な奴です。

でも、あの黄緑色の葉に惹かれてしまったんでね。もうちっと付き合ってみますよ。



紫陽花

そろそろ紫陽花が咲き出してます。

関連記事




今朝の庭 - 庭にシャクヤクは多いけど、なぜ気に入ったのか思い出せないということ [│├庭の植物]

雑木ゾーン - シャクヤクが咲いて 昨日、今日と少し寒い。天気はいいけど、風が強くて、庭で過ごすには少し辛い。そんな中、雑木ゾーンの白いシャクヤクが咲いている。

蕾のときには、それほどの大きさじゃないのに、一気にふくらんで開花すると、握りこぶしより大きな花が咲く。いったい、これだけの花びらが、どうやって押し込まれているのか?

花が大きいのはいいんだけれど、頭が重くなり、垂れ下がるとかっこ悪い。今年は、支えをしたので、かっこ良くなった。スモークツリーの黒い葉との対比もいい。



雑木ゾーンのシャクヤク 我が庭には、シャクヤクは、今のところ4種4株ある。この庭で、特定の品種が多いのは、気に入って取り入れたからだ。

だけど、花を見るたびに思う。私は、なんで、この花を気に入ったのだろうか?この大きな花は、あまり私の好みではない。私は、小さな花が好みなのだ。浜名湖花博で気に入ったのは覚えている。だけど、何が気に入ったのかを、よく思い出せない。

花博でシャクヤクって、どこで咲いていたっけ?モネの庭?でも、あそこのも大きな花で、今見ても違和感がある。盆栽仕立てのシャクヤクかもしれない。あそこは撮影禁止だったから写真がない。写真を見れば、思い出せるかもしれないのに。とにかく、気に入った花と、何かが違う気がする・・・



とはいえ、別に、庭に咲く、この花が気に入らないわけじゃない。毎年咲くのを楽しみにしている。庭の写真を撮るにも、大きな花があった方がいい。小さい花ばかりだと栄えないのだ。

今咲いている花は、数日で汚くなってしまうけど、まだつぼみはたくさんある。今年も、たくさん楽しませてください。

シャクヤクの花シャクヤクの花
ピンクのシャクヤクも咲いてます。

ナスタチウム
ナスタチウム



庭の植物リスト [│├庭の植物]

その他


トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キンモクセイとギンモクセイ [│├庭の植物]

キンモクセイとギンモクセイ

キンモクセイの季節である。我が庭でも咲き出して、いい香りが充満している。

我がメインガーデンには、キンモクセイとギンモクセイが並べて植えてある。見た目の違いはほとんど無い。ただ花の色が違うだけだ。左がキンモクセイ、右がギンモクセイ。並んでいると、見た目にも豪華で、ちょっと自慢。もっとも、これは妹のアイデアなのだけれど。

キンモクセイ ギンモクセイ
キンモクセイ ギンモクセイ


ギンモクセイのほうが香りが弱いとのことだけれど、キンモクセイが隣にあるので良くわからない。このギンモクセイは、四季咲き性で、普段でも少し花をつけているが、キンモクセイと同じこの時期にたくさんの花をつける。

花は、10月のはじめに一週間くらい咲く。期間は短いけれど、それだけにこの時期が楽しみである。

リンク



前の10件 | - │├庭の植物 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。