So-net無料ブログ作成
検索選択

Instagram

日々の庭は、インスタグラムでやってます。
@fintopo(Instagram)

├私の庭 ブログトップ
前の10件 | -

バックヤードのリフォーム - 2017年6月の様子 [├私の庭]

ブログ頑張ろう、と思って再開したのに、ご無沙汰になってしまいました。
4月にフルサイズ一眼カメラ(α7II)を買ってしまい、毎週のようにどこかに撮影に出かけてしまいます。
庭の手入れは何とかやってますが、ブログを書く時間がない……ま、言い訳です。

さて。今日は、バックヤードのリフォーム後の花壇の様子です。
一年目ということもあり、様子見ということで、植栽も、あるものを植え替えただけで、そんなに増やしてませんから、まだ寂しい感じです。

これは、今の庭全体に言えることなんですが、5月に咲く花が少ない。
シャクヤクの植え替えに失敗したり、クレマチスが咲かなくなったり、ジャーマンアイリスがあんまり花をつけてないとか。
以前は、5月が花盛りだったのですが、今は6月後半から7月くらいが花盛りです。
5月の花壇は、今後の課題ですね。

そんなわけで、バックヤードの花壇も、これから花をつけるのが多いです。

DSC01129 バックヤードの北側の花壇。
以前は、川側(写真の右側)が花壇だったのですが、そちらをテラスにして、家側に花壇を持ってきました。

午前中は日向ばかりで居る場所がない、というのが課題だったので、テラスの位置を変えることにしたんですよね。
予定通り、いい感じに木陰になっています。

DSC01130 花壇の方は、写真を撮った時間だと、まだ木陰ですが、もう少し経つと日が当たるようになります。といっても、お昼までですね。午後には家に影になるので、半日陰〜日陰の花壇になります。秋には百合を増やそうと思っています。

ここに植えてしまったヘリオプシスの生育がよくありません。日向向きなのに、間違って植えてしまったのです。掘り上げた時に、ちゃんとラベルを書いておかなかったミスですね。宿根草は、葉っぱがないと、どのプランターかわからなくなってしまいます。

DSC01126 こちらは、日向の花壇。

朝夕は、少し陰りますが、お昼前後は日当たり良好です。
明るい花が欲しいなぁ、と思ってたんですが、大きくない花壇なので、もうすでに余裕がありません。


DSC01132 こちらは、メインガーデンの日向の花壇。
シャクヤクを移したんですが、芽が出ませんでした。木の根が邪魔で、ちゃんと掘り起こせなかったから、やっぱり、ではあるんですが。

一昨年移して去年はよく咲いた株も、今年は芽が出た後に枯れてしまいました。根がやられたかなぁ。

そんなわけで、再計画が必要になってしまいました。
今は、ブッドレアが眩しいです。蕾が上がってきたので、花はこれからですね。


DSC01133 バックヤードの木陰の花壇。
文字通り木陰なので、本物の半日陰ゾーン。

ただ、樹木が成長してきて、半日陰というには、少々日当たりが悪いです。
冬には剪定が必要そうです。

ダリアが花をつけ始めています。チューリップリリーがこれからですね。
そういえば、花壇を作り直したら、ダリアを増やしたいと思ってたんですが、もう場所がないですね。

とこんな感じです。
7月には、もう少し花盛りなところが紹介できる・・・といいな。

その他の写真

庭の定点撮影(2017年1月15日) [├私の庭]

DSC09088
今月の定点撮影は、先週の寒波のときの雪景色。
先月の紅葉真っ盛りの秋模様から一転、今月は雪景色の冬真っ盛りな感じです。
庭の定点撮影(2016年12月3日)

庭の記録的にはともかく、定点撮影的には、どうなんだろう?
植物の育成状況はわからないけど、庭の構造的には、かえってわかりやすいかも?
ということにしておきます。
植物の育成状況は、来月でもそんなに変わらんだろうし。

子供の頃に雪を見た記憶は数回しかないのに、最近は毎年一回は振ります。
長野で10年過ごしたけど、根が浜松人なので、雪はやっぱり特別です。
マイガーデンで雪景色が見れるなんて、ガーデニングを始めた頃は思いもしなかったなぁ。
冬の特別な一日です。

DSC09104DSC09105

DSC09081DSC09089

DSC09097DSC09090

その他の写真(庭の定点撮影/2017年1月17日)
タグ:定点撮影

バックヤードのリフォーム - 一年の締めに池とレンガ積み [├私の庭]

一年が終わりますね。
皆さんは、どんな一年だったのでしょうか。
私は、挫折あり、希望あり・・・それなりに激動、それなりに普通、かな?

庭の方は、リフォームの年でした。 → リフォーム

本格的に作業が始まったのは秋からだけど、春くらいからアイデアは練ってたし。
まぁ、ウッドデッキを壊すところからリフォームと考えるなら、もうずっとリフォームしてる気もするんですけどね。

で、一年の最後に、大物の作業をしました。
レンガで囲った池です。

DSC08868
その他の写真

これには、いくつかのあこがれが詰まってるんですよね。

レンガ積みをやりたかったこと。
ドライエリアみたいな空間。
池に日当たり。
・・・

日当たりに関しては、もうこのリフォームの一番の課題なんだけど、ここは庭の中ではかなり日当たりのいい場所になります (→ バックヤードのリフォーム - 枕木の敷き直し:システムエンジニアの庭づくり:So-netブログ)。

そこにレンガを積んで(つまり、日陰ができる)、ドライエリアみたいな空間(つまり、植物を植えない)を作るなんて、ちょっと惜しいかなぁ、と思わないでもないんですが。

完璧な場所という自信がないことから、レンガをちゃんと積むというのも、抵抗感が出てきます。
固定しちゃうと、そうそう作り直せないからね。

でも、作業量とか全体の位置関係とか、総合的に考えるとベターかなぁ・・・と納得させています。^^;;;

それになにより、レンガ積みはちゃんとやってみたかったんですよね。

最初の頃にモルタルを使ったときには、かなり適当でした。
それでも、花壇程度は何とかなったんだけど、少し高く積んだのは、すぐに壊れちゃいました。

反省した結果、モルタルの量が少なかった、という結論になりました。
うん、ケチっちゃいけないね。
そこで、今回は、たっぷりと量を用意しました。

下地は、ちゃんと水平の場所を作るのは難しいので、コンクリートブロックで代用して、
レンガも仮置きして、これでいいか毎日見て検討して、
長さを測って、必要なモルタルも入手して、
一緒に作業をしてくれるように妹にも頼んで、
準備万端で始めたんですが・・・

いやぁ、やっぱり初めてやる作業ってのは、難しいね。

妹が手伝ってくれて、モルタルを練ってくれました。
で、練ったモルタルで私がレンガを積んでいきます。
作業を分担すると楽だよね。
これを1人でやると、道具の関係で、モルタルを練れる量に限りがあるから、少し練っては、少し積んで・・・一日じゃできなかったね。

なんて、調子よくやってたんですが・・・

気がついたら、縦目地を入れるのを忘れていました。^o^
もう動かすのがムズカシそうだったので、途中(3段目くらい?)から縦目地を入れたんですが、当然、長さが変わります。
既に仮置きの段階から、縦目地のことを忘れてたんですね。^^;;

さらに終盤になって、レンガを水に浸しておくのを忘れたことに気が付きます。
なんか、モルタルが固まるのが早いような気がしてたんですが、あぁ、このせいだったか・・・
もう、どうにもならないので、あとで水をかけましたが。

う~む。強度は足りてるんだろうか。
何かをぶつけたりしなきゃ大丈夫かな?
作業中は、わりと動きが大雑把なんで、あんまり自信がないけど・・・

日当たりの問題は、植え込みをして、一年様子を見て、になりますかね。
こういうのは冬に作ることが多いんだけど、春~夏とは日当たりが違うから、どうしても細かいところがわからないんですよね。
分かっているようで分かってないのが我が庭の日当たりだったりします。

そんな感じで、いまいち締まらない出来なんですが、まぁ、完成しました。\(-o-)/
とりあえずの出来上がりには、満足しています。
おお、なんか、どこかでみたサンプルガーデンみたいだ!?グレードアップしたぞ!

それでは、良いお年を。

庭の定点撮影(2016年12月3日) [├私の庭]

DSC08341-HDR

2016年12月の定点撮影。庭のモミジが紅葉してます。うちの庭が紅葉すると、もう紅葉シーズンも終わりですね。いよいよ真冬です。

株の掘り上げは終わって、そろそろレンガの固定をしたいところ。これをしないと、花壇づくりが始められない。

今までのレンガ積みは、ちょー適当だった。固定することに躊躇があった(undoができないって、ソフト屋には辛い・・・)し、ビビってモルタルの量が少なすぎた。今回は、もう少しちゃんとやりたいなぁ。

DSC08332DSC08333

DSC08368-HDRDSC08377-HDR

DSC08404-HDRDSC08387-HDR

その他の写真(庭の定点撮影/2016年12月3日)

タグ:定点撮影

バックヤードのリフォーム - バックヤードにバックヤードができた [├私の庭]

DSC08263
その他の写真

バックヤードをリフォームして、花壇とテラスを作ったんだけど、今まで通路だったところを花壇で塞いだ形になっている。→ バックヤードのリフォーム - 花壇とテラス

で、奥のほうをバックヤードにした。バックヤードにバックヤードって意味不明か。ようするに作業場のこと。

庭を作ってみて思ったのは、作業場って作りにくいな、ということ。

最初は、ポーチに作業場所を作ったんだよね。→ 2003年夏(3) - 作業台

ポーチには屋根があるから。だけど、作業場って、だんだんと散らかってくんだよね。で、ポーチは通りから丸見えの場所にある。やっぱ、作業場は隠したい。

で、今の位置になる。北側で、まぁ、日当たりは良くないから、その点で花壇は作りにくく、作業場としては悪くない。一方で、駐車場から遠い。

ポーチの作業場が散らかる理由の一つは、駐車場の隣なので、買ってきた苗や土をすぐに置けるから、というのがあった。

じゃあ、作業場が奥になったから奥に運ぶか、というと、買い物で帰ってきたばかりって、やっぱ疲れてるから、めんどいのよね。結局、ポーチのあたりに置くことになる。

駐車場から遠いってのが難点なんだよね。

庭全体における位置、というのもある。おそらく作業場って、どうしても庭の端の方になっちゃうと思うんだけど、そうすると道具類も庭の端にあることになる。

家から出入りしやすいのはメインガーデンで、庭の真ん中あたりなので、庭いじりをしようとすると、道具を取ってくるだけで庭を行ったり来たりすることになる。なにか忘れたりすると、その往復が段々と辛くなる。じゃあ、最初に全部の道具を運べるかというと、本格的にやろうと思った時はともかく、ちょっと花がら摘みのつもりで始めると、あれもこれもと足りなくなったりする。後悔先に立たず。

バックヤードのリフォームで、新しく枕木デッキを作ったところには、もともと道具入れがあった。ここに作ったのは、庭の真ん中あたりで、道具を置くのに適当な位置だったから、というのがあった。
バックヤードのリフォーム - 枕木の敷き直し
2005年春(2) - 道具収納庫

ここに道具入れがあるのは、とても楽だったんだけれど、一方で日当たりが良すぎて、作業場には辛かったし、やっぱり散らかりやすいという問題もあった。

というわけで、新たな作業場というのは、今までのメリットを捨てて、日当たりと目立たないというメリットを取った形になる。

すべてを成り立たせる作業場を作るには、そもそも家の建て方に失敗してる。もはやこれはどうしようもない。それより、作業のちょっとした面倒さは我慢することにして、散らかっても見えにくくする方を取ったんだよね。

いや、庭ができてきてさ、写真を撮ってると、散らかってるとよろしくないでしょ?ブログにちょっとのせる程度のは、写るところだけ片付けたり、写らないような場所だけ選んだりしてたんだけど、そろそろそういう誤魔化しはやめようかな、と。

庭の定点撮影(2016年11月12日) [├私の庭]

DSC0824611月の定点撮影

大きな移動が済んだので、だいたい形になってきた。細かい整理は、これからなんで、まだだいぶ散らかっているけど。

今は、花壇の作り直しのために、株の掘り上げをしている。最近は、プランターを使ってなかったから、スリット鉢が足りない。あと二株ほど掘り上げたいんだが・・・

あとの大きなイベントとしては、バックヤードのレンガ積みがある。これは12月か、1月の予定。
その後は、花壇の土作り
3月には掘り上げた株の植え替え。

シーズンは、そのくらいかなぁ。


DSC08248DSC08264

DSC08253DSC08256

DSC08262DSC08258

→ その他の写真

タグ:定点撮影

バックヤードのリフォーム - 花壇とテラス [├私の庭]

DSC08240
バックヤードの奥の方のリフォームをしました。
通路だったところを花壇にして、花壇だったところをテラスにしました。

DSC05053 Before

似たような角度からの写真があまりなかったけど、以前は、こんな感じ。

その他の写真


バックヤードの端は斜面になっているので、落ちないようにと花壇にしていたのですが、土手に樹木が生えてきて、半日陰になってきていました。木漏れ日の中のギボウシなど、良い感じになりました。

花壇は良い感じなのですが、その分、園路は日当たりが良すぎて、夏は暑くて、のんびりと庭を眺めていられません。花壇の方も、半日陰なので日なた向きの植物が育ちません。いつの間にか、植物は日陰に、園路は日なたになってしまいました。

なら、逆にしたら良いんじゃない?

というわけで、バックヤードを花壇で区切って、通路は行き止まりになるのでテラスにしました。これで、ようやっと午前中に日陰になる、人が居られる場所ができそうです。この前作った、枕木のデッキも、午前中は日なたなので、暑いんですよね。 → バックヤードのリフォーム - 枕木の敷き直し

このあたりは、日なたと言っても、午後には家の影になるので、日なた向きの植物でも、日陰向きの植物でもそこそこ育つんじゃないかな、と期待しています。

問題は、花壇の土がやっぱり足りません。特売で120L(12L×10袋)ほど買ってきたのですが、半分にしかなっていません。植え替えは春になるでしょうから、それまでにもう100~200Lほど必要そうです。また安い土が見つかるといいなぁ~。

その他の写真

駐車場のリフォーム - 花壇の土留 [├私の庭]

DSC08216
土が思ってたよりも足りないので、石積みで土留を作りました。

石積みムズカシーね。どうにも、こう、細々とした作業は苦手みたいです。だんだんとといい加減になってます。

もう少し大きめの石があるといいんだろうけど、石って高いからなぁ~

また、やり直すかも。

Before
DSC08203
その他の写真

駐車場のリフォーム - 植え込み [├私の庭]

DSC08195
庭に出るとキンモクセイ(上の写真はギンモクセイ)の香りがします。今年は、ちょっと遅いかな。作業の途中で、ふと漂ってくる甘い香りが、いいですね。

DSC08204
さて、駐車場の花壇の植え込みをしました。

何が問題って、土が全然足りない。土って、いくら買っても足りないですね。この庭を作り始めてから、どのくらい買ったんだろう・・・

ま、そんなわけで、一部だけ。

DSC08202 奥には、スイセンとアジュガ。手前には、ビオラとアゲラタムを植えてみました。

駐車場は、西日が当たる場所なので、あまり良い条件とは言えない場所なんですよね。冬は、そこそこ日が当たるけど、夏は、かなり日陰です。

それでも、春花壇としては良いんじゃないかなぁ、と思っています。分からんけど。
というわけで、一年草で様子見してみることにします。

DSC08203 こっちの角は、以前は、ローズマリー、シャクヤク、ヒヤシンスがありました。

ローズマリーが間延びして樹形が崩れてきたので撤去。シャクヤクが去年はよく咲かなかったのでヒヤシンスと合わせて他の場所に移動しました。

このあたりは、午前中に少し日が当たります。ただやっぱり、夏になると、隣の空き地の雑草が伸びて、日陰&西日になっちゃうんですけど。

日陰になるのは、雑草だけでもなくて、境界のコンクリートブロックも一因なんですよね。なので、ブロックの上まで土を盛り上げてみました。14L入りの培養土を10袋くらい買ってきたんですが、う~ん、全然足りない!

まぁ、植えるのも無いんですが。ここに植えるものを探しに園芸店に行ってみたのですが、めぼしいものが見つからない。とりあえず、売れ残りっぽいベロニカ・アズテックゴールドというのがあったので、いまのところ、それだけ植えてあります。なんか、良いのないですかねぇ~?

その他の写真

駐車場のリフォーム - 枕木の車止めを一列にする [├私の庭]

DSC08185

駐車場のリフォームの第一弾は、枕木の車止めを増やして、一列にしました。

Before写真を見ても草に埋もれてよくわからないんですが、車止めに枕木を置いていました。ただし、片輪分だけでした。一応、2台分の駐車スペースがあるので、上の写真だと、右と左の端の部分だけだったのです。それを、全体に拡張しました。

大きな理由は、車を止める場所に気を使わなくて良いようにするためです。

以前、駐車場に停めておいただけのはずなのに、タイヤがパンクしていたことがありました。横が裂けていて、修理はできず、交換する羽目になりました。当時、なんでパンクしたのか不思議だったのと、変えたばっかりのタイヤだったので、結構ショックでした。

そのうち、枕木の車止めでタイヤの横をこすったのではないかと思いました。まぁ、そのときに気が付かなかったので、ホントの理由は不明なんですが、以後は、車を止める位置に気を使うようになりました。有限の精神力を、そんなことを意識するのに消費するのは、嬉しくありません。

一列の車止めになったので、雑木ゾーンとの間には土を入れています。これは、車止めがずれないようにということもあるのですが、せっかくなので花壇にでもしようかと思っています。

駐車スペースは2台分あっても、ほとんどの場合は1台しか止まりません。Beforeの写真を見ると、雑草がないスペースが普段止めてある場所で、空いているスペースは雑草で埋もれます。たまに、妹が来ても、車を止めたがりません。

使わないなら花壇にしたら良いじゃない。

というわけで、駐車に困らない程度に花壇を増やしていこうかなと思っています。


After
DSC08188
DSC08186DSC08187


Before
DSC07498
DSC07490-HDRDSC07495


その他の写真
駐車場のリフォーム(Before)
前の10件 | - ├私の庭 ブログトップ
メッセージを送る