So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

庭キャンプって、ガーデニング? [├私の庭]

世は、アウトドアブームらしい。

そういや、ホームセンターでキャンプ道具(ギアとか言うらしい。なんで歯車?)が手に入れやすくなったと思ってたんだよなぁ。
ブームになると、ちょっと変わったものが手に入れやすくなって面白いよね。ガーデニングも、またブームにならないかねぇ。

写真の趣味を本格化した結果、ドライブの趣味と融合して、車中泊の機会が増えたので、いろいろと漁ってるんだけど、その中に「庭キャンプ」というキーワードがあった。

庭キャンプ。
庭でキャンプするらしい。
それ、庭でバーベキューとか、外ごはんとは違うのん?

そういや、テントと間違って買ったポップアップ・シェードがあったな。
使う機会がなかったのでお蔵入りしていたのを引っ張り出して、庭に出してみた。

DSC01725

テントっぽいのがあると、庭キャンプっぽいね。

使ってみると、思った以上に具合が良い。
日光や風が防げるのがこんなに快適になるとは。
庭にいるという感じのままに、過ごしやすい。
これは良い。

ガーデニングを始めた頃、庭でバーベキューとか、庭で読書とか、庭で過ごすことに憧れていた。
まぁ、最初の頃は、樹木も育ってないから日当たりが良すぎたし、周りも草ボウボウで、とても庭で過ごすという感じじゃなかったので、ときどきバーベキューをやるくらいだった。

徐々に庭が出来てきたので、気候の良い日に外で過ごしてみたりした。
木漏れ日の下は気持ちがいい。でも、本を読むには、光がチラチラして読みにくい。
夏は暑すぎるし、冬は寒すぎる。
快適な日は多くなく、
暖かい日でも、ちょっと風があると寒かったり、日当たり良すぎて暑かったり。
結局、あんまり快適ではなく、庭で過ごす時間は増えなかった。

パラソルがあれば良いのかなぁ、と思ってもみた。
でも、小さいのは役に立たなかったし、
大きいのは、庭に置けない。

あずま屋でも作ろうか、とも考えた。
市販のものは大きすぎて置けない。
自分で作ろうにも、費用と作りやすさを考えると、なかなか良い方法がなくて躊躇する。

ポップアップ・シェードで、一気に解決した。
出すのも、片付けるのも簡単。
日光や風が遮られて快適

今のタイプは、形状から雨除けにはならないし、風が強すぎると使えないけど、そんな日にまで庭で過ごしたいわけじゃない。
次に買うときには考慮する事項とはいえ、今までよりも庭で過ごせる時間を増やせる可能性が広がったのは嬉しい。

というわけで、キャンプ情報を漁っている。
いやーブームっていいね。いい情報がすぐ見つかる。
ガーデニングも、またブームにならないかねぇ。

DSC01726

DSC01729DSC01734



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

セラミックのハサミ [├道具]

ガーデニングを始めた頃、コニファーは鉄に弱いから、普通の剪定ばさみは良くない、という話を聞いた。

鉄が良くないなら、セラミックならいいんじゃね?
そう考えて、セラミックのハサミを探したんだけど、なかなかなくて、やっと小さいハサミを見つけた。
小さいのにやたら高くて、買うつもりだったのに躊躇したほど。

コニファーを剪定すると、確かに茶色くなったりする。
赤錆に似た色だから、鉄に負けた、なんて言うのだろう。
けど、鉄とはなんの関係もない。
だから、セラミックのハサミを使っても、茶色くなる。

そもそも、コニファーは、あまり選定を必要としないようだ。
だけど、狭い庭に植えると邪魔になったりする。で、剪定する。
寒冷地の植物だから、日本の暖地には、そもそも合わない。
あんまり剪定が必要ないのに、合わない環境で弱ってるのに、剪定されれば、そりゃ枯れることもあるだろう。
そういうこともあってか、検索すると「コニファーの剪定にはセラミックのハサミを使おう」なんて出てくる。オカルトやね。

うちの庭のコニファーも、今は残っていない。
5月くらいまでは元気なのに、突然枯れるんだよね。
梅雨が、おそらく、合わないのだろう。
そうして、一本減り、二本減り。
最後の一本は、大きくなりすぎて、道路にはみ出るので、残念だけど切り倒した。

セラミックのハサミも、もう必要ない。・・・なんてことはない。

結局、コニファーの選定にはほとんど使わなかった。
小さくて、剪定なんかには使えなかった。
だけど、道具箱の中で便利にされていた。

錆びないんだよ。
セラミックだから。

紐を切ったり、土の袋を開けたり、ハサミが欲しい。
クラフトハサミを買ってたんだけど、じきに錆びていく。
何回か買い直して、ふと気がつくと、セラミックのハサミは、普通に使えていた。
それに気がついてから、クラフトハサミを買うのはやめた。

そうして、便利に使っていたセラミックのハサミなんだけど、
この前、気がついたら、道具箱に入っていない。
探したけど、見つからない。
がーん。

それからしばらく、ハサミがなくて、ちょっと不便してた。
いや、かなり不便だった。
でも、買うなら、セラミックのハサミがいい。
と、探すんだけど、見つからない。

ふと、台所用品売り場を通ったら、セラミックのハサミがあった。
おお、そうだよな。錆びないから水場にいいよな。
大きかった。
前のは小さすぎて使いにくかったけど、これは使いやすそうだ。
そして、高かった。
欲しいのに躊躇するくらい。
かなり悩んで、買ってきた。

DSC05685

タグ:コニファー
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

駐車場花壇の植え替え ー 2018年10月28日 [└作業記録]

気がついたら、1年ぶりのこのブログ。
最近の週末は、写真撮影に出かけてばっかで、庭はちょっとおざなり。

特に今年は、夏は暑すぎるし、秋は週末になると雨ばかりで、もう庭は見れたもんじゃありません。
秋は諦めているとはいえ、これはヒドい。
踏み入るのも躊躇するくらい。
枕木通路ができたから、何とか歩けるけど、蜘蛛の巣取りの棒は必須です。
春?夏の花壇も反省点は多々あるんで、改善しつつ次のシーズンを目指しますか。

というわけで、まずは駐車場花壇の植え替え。

DSC01686

メインガーデン?バックヤードは、日当たりを考慮して改良してきたんだけど、今年の春夏の様子を見る限り、日照は足りてないようで、花はイマイチな感じ。
花いっぱいにしたいわけじゃないんだけど、少しは欲しい。でも、ローメンテナンスにしたい。
そんなせめぎ合いで苦心してるんだけど、やっぱり日向向きの花は諦めてくしかないかなぁ、と思い始めている。

そんな中でのアイデアの1つが駐車場花壇。
ここは夏は日陰になっちゃうんだけど、冬なら日が当たるので、春咲きの花ならいけそうかな、と。
4月いっぱいくらいまで花があれば、あとは新緑を楽しめばいいので、植え替えなしの春用花壇。

去年から始めてるんだけど、とりあえずチューリップとビオラを中心に、植物の選定と植え方を試しながらやっている。
今年植えたのは、
- チューリップ
- ビオラ
- キンギョソウ
- ネメシア
- サクラソウ
- ビデンス

チューリップを奥に、手前に背が低いものになるように配置。
一番奥にしているのは、去年の反省から。
チューリップの葉っぱって、あんまり広くない花壇では結構邪魔になる。

公園の花壇みたいになっちゃうのが欠点だよなぁ。もうちょっとナチュラルにしたい。
今は、使える植物の選択が優先だから、配置に関しては、徐々に試していくかなというところ。

その他の写真

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バックヤードのテラス [└作業記録]

もう師走。今年も終わりですね・・・

10月は週末が雨ばかりで庭もできず、写真も撮りに行けず。
11月に張り切ったら風邪ひいたり。
まぁ、そんな中で、いつものごとくぼちぼちとバックヤードのテラスを作っていました。


DSC01392 少しならして砂利を敷いて


DSC01395 砂を敷いて


DSC07522 レンガを並べました。


今回は、少しきっちりやろうと砂利や砂をいつもより多めに買ってきたんですが、やっぱり足りないですねー
各10袋づつ買ってきたんですが、この数倍は必要なんでしょう。

でも無理。
重くて買ってくるのがシンドい。
駐車場から運ぶのもシンドい。

というわけで、いつものごとく、なんちゃって施工になっちゃいました。

バックヤードは、まだ通路のほうが残ってるんですが、こっちはどうしようかなー

その他の写真

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

出費がかさんで辛い、という話 [├日々の庭]

出費がかさんで辛いので、ここで吐露する。
楽しい話じゃないけど、一応、家と庭の話なんで・・・

先日、家に帰ってきて、玄関の鍵を開けた。
鍵を引っ張り出すと、いつもと感覚が違う。
よく見ると、シリンダーがごっそりと抜けてきていた。

インターネットで検索して、鍵屋さんに連絡したんだけど、来てくれた人が一目見るなり困った顔をする。
なんでも、輸入品だから持ち合わせがないんだと。

うちは、一応、輸入住宅なのね。
なんで、玄関ドアは輸入品で、鍵も同じ。
で、見積もりを聞くと、輸入品は高いんだよー
これは、盲点だった。
そういや、しばらく前にリビングのフレンチドア(これも輸入品)の鍵も調子が悪くて交換してもらって、高いなーと思ってたんだけど、そういうわけだったのか。

合う鍵を持っている他の人を呼ぶと夜中になるという。
幸い、内側から錠はかけれたので、別の日にしてもらった。
道具があれば開けられるだろうけど、そもそも道具があるならシリンダキーなんて簡単に開くしなー

ということで、別の日に無事に鍵を交換してもらった。
臨時出費が辛いなーと思いつつも、ちゃんと鍵がかかるようになってホッとしていると、近所の人が訪ねて来た。
玄関のところに蜂の巣があるという。
見ると、スズメバチの巣があった。
しかも、かなりデカい。サッカーボールくらい。
素人的にはビビるくらいデカい。
後で聞いたけど、駆除業者的にもデカいそうな。
あまりにビビっって、写真撮るの忘れた。もったいないことをした。
(というわけで、今回、写真がない)

で、やっぱりインターネットで検索して蜂の駆除業者を呼ぶ。
ビビってたので、すぐ来て欲しかったけど、翌日の夜になるという。
なんでも、夜の方が蜂が巣に戻って来てるので駆除には最適なんだとか言ってた。

ビビりながら1日を過ごす。
検索すると、刺激しなければ刺されるようなことはないとあるし、意外や住人の匂いや行動を覚えていて攻撃してくることはないんだとか。
とはいえ、やっぱ、落ち着かないよねー

翌夜、駆除業者が来て見積もりを出してもらう。
これがまた高いんだ。
巣の大きさで値段が違うのと、再度巣を作らないように防止剤を撒いてもらうのを入れたというのもあるけど、鍵の臨時出費の直後だから余計に辛い金額。
とはいえ、撤去してもらわないという選択肢もない。

鍵屋もそうだけど、相見積もりできるような状況じゃないよね。
よく考えると、妥当な値段かどうかもよくわからん。
相場はあるんだろうし、信頼するしかないんだけど・・・

作業が終わって出てくと、バラバラになった巣とたくさんのハチの死骸が転がってました。
昼間はかなり飛び回っていたんじゃないかとのこと。
最近は昼間いないから気が付かんかった。

今年は空梅雨だったので蜂の巣が大きいんだと。
雨が降ると巣から出れなくて餓死したりするらしい。
やっぱ、降るときには降らないといかんのねー

一度巣を作ったところは、再度作られやすいらしい。
今年は、防止剤を撒いてもらったので大丈夫だろうけど、来年は気をつけないとなー
元コニファーガーデンのところなんだけど、コニファーが枯れてしまってから、手入れが行き届いてないなかったのも良くなかったんだろうな。

というわけで、合計10万以上の臨時出費で気落ちしてます。
実は、その前に、エアコンとカーナビが壊れたんですよね。
今年は、春にシロアリの予防工事をしてもらったから予備費がないんだよなー、どうしよーと思ってたところに、この出費。
とりあえずカードで払ったけど、ドウシヨー
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -