So-net無料ブログ作成

園芸の基本 - 環境さえあっていれば植物は育つ、ということ [├ガーデニング・エッセイ]

ポール・スミザーの四季のガーデン生活」は、BSフジで放送された。うちでは、まだ見れないので、友達に録画を頼んだ。その友達が、他の知り合いに見せたところ、「そんなことはわかってるのよ・・・」と言ったとか。確かに、初心者向きに作った番組ではある。説明している内容は、基本的なことだと思う。園芸をある程度やってきた人ならば、どこかで聞いたことのあるような・・・

ところで、「弘法、筆を選ばず」ということわざがある。「技術のすぐれた人はどんな道具を使ってもすばらしい仕事をする」といった意味だ。けれど、このことわざが引用されるときには、「・・・というが」と続く。つまり、「道具はちゃんと選びましょうね。」と言いたいときに使うわけだ。だけど、弘法さんって、道具をちゃんと選ばなかったんだろうか?

「筆」とは、字を書くための道具、のことではなかったのではないだろうか?辞書を引くと「書かれた文字、筆跡」という意味もある。私は、弘法さんは、ちゃんと道具は選んだのだと思う。その書きたい内容に合わせて。何も知らない人が、さまざまな筆を使うのをみて、「筆を選ばず」と思ったのではないだろうか?その人は、筆(筆跡)に対応した筆(道具)があることに気がつかなかったのだ。

基本というのは重要である。だからこそ、玄人は、そのことについて話さない。なぜなら、それはあたりまえのことだから。玄人が話すことは、何か難しく、すごいことのように聞こえる。それは、基本を中心としたバリエーション(変形)でしかないのだけれど、素人はそれを聞いて、「何かすごい技(奥義)があるのではないか」と思ってしまう。

園芸の本では、いろいろな事が細かに説明してある。だけど、ポールさんは「本には・・・とか書いてあるけどね。そんなに気にすることないから・・・」と言う。本に書いてあることは重要なことなのだ。事細かに説明してあることには、それぞれに意味があるはずだ。だけど、それは基本を守った上での話でしかない。基本を知らなければ、逆に間違いを犯してしまう可能性さえある。

特定の植物が「うまく育たない」という人は多い。やさしいと言われる植物であっても、その人には、なぜかうまく育てられなかったりする種類がある。そして、その失敗は、奥義 - なにか特別な技 - によって回避できると思ってしまう。

ポールさんは、種まきや挿し木、苗作りは非常に丁寧だ。元気で健康な苗を作る。選ぶときにも気を使う。そして、いい苗を、いい場所に植えつけると、「あとは、勝手に育つ」という。植物を育てる上での基本 - 本にもちゃんと書いてあることだけれど、あまりに基本的なことなので軽く読まれてしまうそれは、環境さえあっていれば植物は勝手に育つ、ということだ。

ポールさんは、その地域に自生している植物を使うことを薦める。これも同じことだろう。自生するくらいなら、その地域の環境に適しているのは当然のことだ。環境にあっていれば元気に育つ。健康であれば、病気にも、虫にも強くなる。薬剤も少なくてすむし、普段の手入れも楽になる。そういえば、件の番組では、薬剤散布の話はなかったように思う。

「奥義」があるのではない。植物がうまく育たないのは、おそらくはその植物がその人の育てる環境(置き場なのか、日照なのか、水遣りなのか、わからないが)に合っていないのだ。人にできることは、よりよく見えるようにするために、少しの手伝いだけである。そう思うと、件の番組に雑草対策の話が多いのもうなづける。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 1

せり

「本に書いてある事は、まず疑ってみるからね」とも、そう言えばおっしゃってたな〜。園芸書って、先に細かい事を書いてありすぎて、初心者はそこでくじけてしまいます。まず基本を知れば、本に書いてあることもうまく生かせて、自分なりにアレンジできるんだろうな。恩師も学校で細かい事を習い、実践して、その後自分なりに試されて、今の境地に達しているので、説得力あります。私もまた恩師の言葉を思い出して、頑張りま〜すo(^ ^)o
by せり (2006-04-26 08:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。