So-net無料ブログ作成

秩父宮記念公園 [★ガーデン訪問記]

初夏のお出かけツアーは、雨で予定がだいぶ違ってしまったけれど、本命は6月の第一週と決めていた。入梅の直前、日本の庭が最も華やかになる季節である。あぁ!しかし、なんたることか。例年より2週間も早く入梅してしまった。

だが、気合を入れれば、天候だって左右できる!一週間前の週間予報では、あまり天気はよさそうでなかった週末は、で近づくにつれて太陽マークさえ出てきたではないか。かくて、無事に本命ツアーへと出かけることができた。今年は東に向かって出発だ。

富士山(新五合目)まずは、オードブル。妹の要望で、富士山の新五合目に寄る。

予報では、太陽マークが出ていたとはいえ、実際の天気は曇り。雲に隠れて、外から富士山は見えない。しかし、五合目まで来ると、見晴らしがいいとはいえない状況だったが、かろうじて山頂が見えた。

少し腰掛けて見下ろし、コンビニで買ったおにぎりで朝食。雲が変化するのを楽しむ。下界ではすでに蒸し暑かったが、ここまで上ると、かなり涼しい。寒さを感じるくらいであるが、気持ちいい。気がつくと、予定時間をオーバーしている。

母曰く「気持ちいいから、ずっと居たい・・・」
ダメ!ここは目的地じゃない。
妹「みやげ物屋、見てない・・・」
時間切れ。また、今度。
と、巻きを入れて、出発する。


秩父宮記念公園(森のエントランス)さて、午前中の目的地は、秩父宮記念公園。御殿場インターの近くにある。

秩父宮雍仁(ちちぶのみややすひと)親王同妃両殿下が戦中戦後の時期を過ごされた御殿場御別邸・・・だったところらしい。秩父宮殿下って・・・ええと、昭和天皇の弟?

駐車場に車を止め、正門を入ると、森のエントランス。静寂が、この先を期待させる。


秩父宮記念公園(中門)しばらく歩くと中門にたどり着いた。ここが公園の入り口になる。入園料(大人300円)を払って中に進む。


秩父宮記念公園にて門柱に使われているのは火山岩かなあ?ちょっと変わった雰囲気がいい感じである。


秩父宮記念公園(メモリアルガーデン)秩父宮記念公園(メモリアルガーデン)秩父宮記念公園にて
秩父宮記念公園(野草の庭)しばらくいくと、メモリアルガーデンに出る。花は少なめだったけど、よく手入れがされている感じ。


秩父宮記念公園にて秩父宮記念公園にて
秩父宮記念公園(母屋)野草の庭を抜けて、今は記念館になっている母屋へ。

実は、ここまでは、あまり感動はしていなかった。よくできた庭だったし、手入れもちゃんとされていた。ポイントごとに見所もあった。だけど、ここは本命の前の押さえということもあって、それほど期待もしていなかったし、特別に思い入れも無かったのだ。


秩父宮記念公園(東屋の庭)だけど、一転して興奮したのは、この母屋の裏にある東屋のある庭を見たときだった。芝生の庭に、ボーダー花壇というのは、イングリッシュガーデンを模したのだとか。そういわれれば、確かにその通り。

樹木に囲まれた、それほど大きくない空間。芝生に、ポイントとなる東屋。多くは無いけれど、しっかりと押さえが利いている花。この風景は、母屋のリビングから眺めることができて、これがまた最高の景色だった。室内は撮影不可なのが残念である。


秩父宮記念公園(母屋)振り返ると藁葺きの日本家屋。これが、また、絵になってるんだよね。



あぁ、しかし、ここでも、芝生か・・・


秩父宮記念公園にて秩父宮記念公園にて秩父宮記念公園にて
秩父宮記念公園(母屋)ぐるりと回って、母屋の縁側に座る。と、目の前の雲の隙間から富士山が!写真は、うまく撮れなかったけど。

富士山が借景だなんて、ちょっとうらやましいことである。

本命前の押さえだったのに、思いのほかいいところだった。今度は、しだれ桜が咲くころがいいなぁ。


と、ここでも予定時間をオーバーしてしまった。母と妹は、なんだかくつろいで、のんびりしている。本命はまだなのに。私は巻きを入れて、次の目的地へと向かった。

秩父宮記念公園



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。